2019年2月14日木曜日

第19回静岡県小中学生かるた大会


23日、沼津市民体育館にて、「第19回静岡県小中学生かるた大会」が開かれました。本校からは9ペア+4名が参加し、熱戦を繰り広げ駒を進めました。その中でも、中学3年生の沼上楽さん、長田大和くんペアが優勝を勝ち取りました。
競技大会の魅力に引き込まれ、カルタを始めた二人ですが、大会に向けて、休み時間や休日も練習に励んできました。練習していく中で、競技として楽しむだけでなく、和歌の意味や作者の思いの深さに気づき、カルタへの思いがいっそう強くなったようです。
ちなみに、楽さんは「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」「このたびは ぬさも取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」の二首が特にお気に入りのようです。
大和くんが好きな歌は、「かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」「由良のとを 渡る舟人 かぢをたえ 行くへも知らぬ 恋の道かな」の二首だそうです。
今後は有段者を目指して精進していくとのことで、ますますの活躍が期待できます。



二人からの喜びのコメントです!
「私たちは、かるた部で日々練習を積み重ね切磋琢磨しています。今回の大会では中学生ペアの部で優勝をすることが出来ました。今まで一生懸命練習した成果がこの結果につながっていると思います。これからも練習を継続して、競技かるたでも早く昇段できるよう精一杯努力していきます!みなさんもかるたを練習して来年はこの大会に挑んでみてはいかがですか?かるたの魅力を感じられるいい機会になると思います。皆さんも興味があったら、かるた部へ来てください!!」

2019年2月12日火曜日

中学サッカー部 第38回健全育成杯③

2月11日(月)は、健全育成杯決の最終日でした。
暁秀中学校サッカー部は、なんとか準決勝までたどり着きました!
ここまでの結果はこちら↓
中学サッカー部 第38回健全育成杯①
中学サッカー部 第38回健全育成杯②

準決勝の対戦相手はアスルクラロU-15です。
ボールを支配される時間帯が長く、難しい試合展開でした。
奪ったボールも上手く味方につなげられず、
攻め込まれる時間帯が多かったです。
しのぎ切れず、前半のうちに2失点してしまいます。
















後半になんとか1点返すものの、さらに突き放され、
1-4で負けてしまいました。
3位決定戦へまわることになりました。



対戦相手は予選リーグでも対戦した、FACTでした。
暁秀はアウェイユニフォームの白で臨みます。

この試合では、前線からのプレッシャーでボールを奪い、
そこから攻撃につなげることができていました。

















カウンターで攻められる場面もありましたが、上手く防ぐことができました。
チャンスもしっかりとモノにして、2-0で勝利!!


健全育成杯は第3位という結果でした。
















上のステージに行けばいくほど、非常にタフな試合展開になります。
そのステージを見据えるならばもっと”考える”ことを増やし、
なおかつ”走る”ということをしなければいけませんね。
日々のトレーニングから自分に厳しくやっていきましょう。

本大会が終了した事で、あとは春の大会と中体連を残すのみとなりました。
今後とも、応援よろしくお願いします!

2019年2月8日金曜日

高2 キャリア講座



高2 キャリア講座




2/7(木)の6・7限に、高橋幸美さんと川人博さんを講師に招き、過労死をはじめとする労働問題について学びました。


高橋さんの過労死防止の切実な訴えに、生徒たちも真剣に耳を傾けていました。
「死ぬほど大切な仕事はない。」という言葉の重みが生徒にも深く印象に残ったことと思います。




また、弁護士の川人博さんは、具体的な事例や法律の観点から、労働者の権利について解説してくださいました。生徒たちが将来身につけておかなければならない労働に関する知識を学ぶ機会となりました。

 




将来、生徒たちにとって働くことが「幸せ」であることを切に願うと共に、私たち大人も行動していかなければなりません。


以下生徒の感想から

「今日の講座は自分の将来の働き方について考える大切な話だった。」
「過労死という言葉は知っていたが、詳しくは知らなかった。今回の講義を通してその現状を知ることができた。」
「自分が実際にアルバイトや就職をしたら、今回の講義で学んだ労働に対する権利の知識を活かしていきたい。」

2019年2月1日金曜日

2/5・6 高等学校入学試験 について

2/5(火)・6(水)高等学校入学試験を実施します。

<1日目(2/5)のスケジュール>
受験生用スクールバス 
  沼津駅南口発 7:20、7:25、7:30、7:35、7:40、7:45、7:50

 7:40~8:30 受付
 8:50~9:40 国語(50分)
10:00~10:50 英語(50分)
11:10~12:00 数学(50分)
      昼食・休憩(60分) 
13:00~13:50 社会(50分) *バイリンガルコース受験者は午後面接
14:10~15:00 理科(50分)

帰りスクールバス
  学校発 12:50、12:30、15:15、15:20、15:30、15:40


<2日目(2/6)のスケジュール>
受験生用スクールバス 
  沼津駅南口発 7:40、7:45、7:50、7:55、8:00、8:10

 8:00~  9:00 受付
 9:15~10:45 面接

帰りスクールバス
  学校発 10:00、10:15、10:30、10:45、11:00、11:15
  (路線バス 11:21)

★持ち物については、受験票を確認してください。

みなさんの努力が実を結びますように。
がんばれ受験生!!

2019年1月31日木曜日

NWC:第2回勉強会



 130日にNWC第2回勉強会が開かれました。今回のテーマは「差別」。主に、「男女差別」と「人種差別」を取り上げて、中3の沼上楽さんと岡田かのんさんが10人ほどの参加者を前に、プレゼンテーションを行いました。
身近にある「男女差別」の例を取り上げて、「なぜ男女差別は無くならないのか?」という問いをもとに、心理的側面や歴史的背景が影響しているのではないかという考えを述べました。
 また、「人種差別」では、ユネスコの国際専門家会議反差別国際運動の紹介を通して、社会問題に目を向け、自分たちの考えを発信していくことの重要性を述べました。
参加者からは「知ることも大事だし、知ることが行動するための第一歩だけれども、知ったその先をどうすればいいのか、わからないという壁にぶち当たっている」と学ぶことの意義や、知識の活用に悩んでいるという感想が出ました。
 それを踏まえて、主催者の渡邉夏帆さんからは、「今すぐ何かができなくてもいいのでは?知っていくことは、自分自身がどんな人間でありたいかを考えるきっかけになり、目指す自分像を作り上げていくことにもなる。そして、社会に出た時に、「それは差別ですよ」と発言できる人になれるはず。」という意見が出されました。
 限られた時間でしたが、今回の勉強会を通して、自分の生き方を見つめ直すヒントにもなったかと思います。様々な社会問題は複雑な要素が絡み合っているため、すぐに解決できるものではないかもしれません。しかし、現状を知ることは、学んだことを(知識)をどう活用するのか、どのように行動に移していけばいいのかを考えることにつながり、「貢献できる人」へと成長していく大切な要素であると気づかされました。


 次回は、2月下旬を予定しています。多くの方の参加をお待ちしております。


2019年1月30日水曜日

書き損じハガキ回収中(1月31日まで)



今一度、ご家庭に眠っている書き損じはがき、未使用のはがきがないか、
お探しいただけると助かります。
明日(1月31日)まで回収しております。
なお、集まったハガキは、フリーザチルドレンを通して換金され、
児童労働など貧困に直面する人々の自立支援に活用されます。

第19回静岡県小中学生かるた大会

2 月 3 日、沼津市民体育館にて、「第19回静岡県小中学生かるた大会」が開かれました。本校からは 9 ペア+4名が参加し、熱戦を繰り広げ駒を進めました。その中でも、中学 3 年生の沼上楽さん、長田大和くんペアが優勝を勝ち取りました。 競技大会の魅力に引き込まれ、カル...