2019年6月26日水曜日

NWC:第4回勉強会(児童労働の巻)

6月19日、NWCによる第4回勉強会が開かれました。今回のテーマは、「児童労働」。IZの岩澤佑一郎くんは中学3年生の時にFree the childrenのtake action campで児童労働の現状を知り、学生でもできることはないかと模索を続けていました。また、1Zの中條敬生くんは5月にtake action campに参加し、社会問題に関心を持つようになりました。

児童労働なんて、私たちの暮らしとどう関係するの?と思うかもしれませんが、勉強の合間に食べたそのチョコレートは、子供たちが手作業で採取したカカオ豆が原料となっているかもしれません。
放課後、練習に使っているサッカーボールは、同年代の子供たちが学校にも通わず手を痛めながら硬い皮を手作業で縫ったものかもしれません。
私達が豊かに暮らすしわ寄せは、貧困で苦しむ世界の子供たちに及びます。そう思うと、無関心ではいられません!

さて、少しでも現状を伝えたいと考えた二人は、今回の勉強会でRed Card actionという活動を紹介し、「Stop!児童労働」の意識を示しました。小さな活動かもしれませんが、これを機に多くの人に興味を持ってもらえることを期待しています。




■レッドカードアクションとは…
児童労働の問題を伝え、問題解決に向けた取り組みの必要性を訴えかけるため、児童労働に反対する意思をレッドカードを掲げることで表明するキャンペーンです。

■NWCとは…
3Zの渡邉夏帆さんが立ち上げた、世界の現状について考え、行動する校内コミッティーです。
「失敗を恐れず思い立ったらやってみよう!」をモットーに、深く知ることのない社会問題について知ってもらうこと、世界で起こっている問題についての意識を向上させることを目的として活動しています。



中1 陶芸教室

 7月9日~12日に、愛鷹陶芸村で陶芸の体験をしました。 事前に考えていたアイデアを、形にするべく短い時間でしたが、集中して作ることができました。 初めて触る粘土は、なかなか思い通りにはなりませんでしたが、陶芸村の先生方のアドバイスや補助を受けて素敵な作品に仕上げることができ...