2019年6月12日水曜日

令和元年度第38回沼津市わたしの主張大会

6/8(土) 沼津市民文化ホールにて、令和元年度第38回沼津市わたしの主張大会が開催されました。

本校からは、中学3年生の高橋せなさんが「『十万個の子宮』知る権利、選ぶ権利」と題して、子宮頸がんワクチンを巡る報道や政府の在り方に疑問を持ち、私たち日本人の知る権利、選ぶ権利、そして命を守ることについて、主張をしてくれました。



今年は「食品ロス」「インターネットにおける誹謗中傷」「AI社会」「児童虐待」など社会問題に目を向けたテーマが多く、中学生が社会の一員としてしっかりと考え、はっきりと伝える姿に、会場の大人たちもうなずきながら聞き入っていました。

高校薬学講座

高校薬学講座   令和元年6月13日(木) 体育館にて 6月3日(月)の中学薬学講座に続き、今年度の高校薬学講座が行われました。 学校薬剤師の林先生と沼津警察署から2名の講師をお招きして行われました。 林先生からは薬の注意事項やサプリメントの注意、アルコ...